トップ> 紅茶の色々

紅茶の色々

植物学上の紅茶

原料は”茶”の木

紅茶も緑茶もウーロン茶も原料となるのは”茶”の木です。
”茶”は中国の雲南省あたり、チベット山脈の高地と、中国南東部の山地との地帯が原産地といわれ、現在、インド、スリランカを含む東南アジア地帯、台湾、中国、日本などを中心に、世界各地で栽培されてます。

茶園では、摘みやすくする為に1mほどの高さに剪定し、次々出てくる新芽を採取していますが、自然に生育するに任せておいたり、自生のものは、10m以上の高さに達する大木になります。

茶は5?8片の白い花びらを持つ花を付け、花びらの基はしっかりくっついており、雄しべは黄色い花粉を付けています。
花の芽は6月から7月にかけて形成され、早いものは8月下旬頃に開花し始め、12月までに満開になります。

茶の根は深く、繁殖に関しては容易に発根するので、挿し木、取り木で増やします。

茶は大別すると中国茶とインド茶に分かれ、葉の大きさはかなり違います。
中国茶は葉の形が小さく、葉の先はあまり尖らないのが特徴です。
中国の南部、台湾、日本でも栽培されています。
また同じ中国種でも湖北、四川、雲南などでは大葉種もあり、緑茶用に使われます。
インド茶は葉形が大きく、先端部は尖った楕円形をしており表面は淡い緑色で、繊維が粗くなっています。
インド茶の中でもやや小葉種のものは、ラオス、タイ北部、北部ビルマ、アッサムに生育し、高さ1mほどに剪定して、手摘みにしています。
ほとんどが紅茶用にされるものです。

これらの品種の特徴は、寒さに強い温帯種の中国種は緑茶として適し、熱帯種のアッサム系は寒さに弱いが、強烈な直射日光を吸収して、メラニンの含有量が多くなり、しかも発酵しやすい大型の葉なので、紅茶用として適しています。

ティータイムイメージ画像

紅茶独自のグレーディング

 グレーディンぐとは茶葉の大きさに合わせ用途別に使い分けたり、ブレンドをしやすくしたり、抽出時間のばらつきを少なくするためで、日本では「グレード=等級」と呼ばれる品質の良し悪しに思われがちですが、紅茶の用語のグレードは単に茶葉の形状、大きさを示しています。  紅茶イメージ

OP (オレンジペコー):大型のフルリーフ(全葉)タイプ
P (ペコー):やや大きめの茶葉
BP (ブロークンペコー):ペコーを切断した茶葉で小さく平たい葉
BOP (ブロークンオレンジペコー):本来オレンジペコーとなる茶葉を細かくしたもの
F (ファニングス):細かい葉
D (ダスト):粉のような葉

その他にも

  • G(ゴールデン):金色に輝く
  • T(ティッピー):新芽の多い
  • F(フラワリー):花のような
  • S(スペシャル):すばらしい


などの形容詞が慣用的な順列で付加されることもあります。

また大きい葉は高級品、小さい葉は低級品とはいえず、茶葉の大きさと形状を現す言葉としての意味しかありません。

したがって、うまく仕上げられた荒茶からふるい分けられた各グレードは、それぞれが高く評価されます。

さらに紅茶の良し悪しは最終的には、いれてみなければわからないものなので、紅茶の品質鑑定では、必ず抽出液での官能審査が行われます。

 
お菓子イメージ

紅茶を美味しく入れる準備

やかんに水を勢いよく注ぎ、酸素が多量に混じった状態で沸かしてください。
紅茶は必ず新鮮な水を使った沸かしたての熱湯で入れます。やかんの中で霧のような細かい気泡が一杯に立ち、大き目の泡が5~6個上がり始めたら、火を止めます。
沸かしたての湯とはこの状態のことです。

ストレートティーの入れ方

ストレートティーの入れ方

■ポット、カップ、茶漉しは熱湯を注ぎよく温めておいてください
■ティースプーン2杯(1杯約2.5g)の茶葉を温めておいたポットに入れ、沸かしたての熱湯300ccを勢いよく注ぎ3分間蒸らします。
■時間がきたらマドラーでさっと一混ぜし、茶濾しで濾しながら均一にカップに注ぎ分けます。
※細かい茶葉の時は気持ち少なめに入れてください。
※ダージリンのように大きな茶葉は4~5分じっくり蒸らしてください。

いっぺんに沢山の紅茶を入れたいときは一人分ティースプーン1杯(2~2.5g)熱湯150ccを目安に調節してください。

 

ミルクティーの入れ方

ミルクティーの入れ方

■ポット、カップ、茶漉しはあらかじめ温めておいてください
■ミルクを常温に戻しておく(出来れば温めないこと)
■ティースプーン3、4杯(1杯約2~2.5g)の茶葉を温めておいたポットにいれ、300ccの熱湯を勢いよくそそぎ3分間蒸らします  ※ティーコージー又は布巾などをかぶせて保温に工夫も
■よく温めておいたカップにミルクを先に入れておきましょう
■時間がきたらマドラーでさっと一混ぜし、茶漉しで濾してカップに均一に注ぎ分けてください
※大きい茶葉は4杯、細かい茶葉は3杯弱を目安としてください。
※濃い目のミルクティー用の抽出液になります。たっぷりのミルクでお召し上がり下さい。

チャイの入れ方

チャイの入れ方

 マユール特製 本場インドの濃厚なチャイが手軽にお試しいただけます(レシピは1人分の分量です)

■小鍋にティースプーン2杯の茶葉(アッサムCTC)と、ティースプーン1杯のグラニュー糖を入れ、お湯をひたる位(1センチ位)いれます
■火にかけ、茶葉がよく開くよう一度沸騰させます。沸騰したら牛乳をカップ1杯分注ぎます。
■鍋底が焦げないようによくかき混ぜながら再度沸騰させます。
■沸騰したら吹きこぼれない程度の弱火にして、かき混ぜながらグツグツと煮込みます(2~4分)
■紅茶の良い色が出たら茶漉しで濾しながらカップに注いでください
※最初に入れた湯の分は蒸発してしまうので、出来上がりはちょうどカップ一杯分になります。甘さはお好みで調節してください。
※ティースプーン2杯で約150~180ccの出来上がりです。カップの大きさによって茶葉の調節をしてください。

お好みで砕いたシナモン(3cm)や、潰したカルダモン(3粒)などを一緒に煮出しても美味しいシナモンチャイやカルダモンチャイが出来上がります。
みじん切りの生姜を大匙1杯一緒に煮出すとジンジャーチャイが出来上がります。
またアッサムCTC1杯、キャラメルティー1杯でキャラメルミルクティー。
他にもアッサムCTCと合わせて、バナナやマロンクリームティーなどの、ミルクに合うフレーバーティーと組み合わせる事によって、美味しいフレーバーチャイが手軽にお楽しみいただけます。

アイスティーの入れ方

アイスティーの入れ方

■紅茶用のポットと保存用のポットを用意する
■ティースプーン5杯の茶葉を温めておいたポットにいれ1000ccの熱湯を勢いよく注ぎ3分蒸らす
■時間がきたらマドラーでさっとひと混ぜし、茶漉しで濾しながら保存用のポットへ移す
■そのまま常温で放置し、冷めたら氷をたっぷり入れたグラスに注ぐ
※15~18時間程度は濁らず美味しいアイスティーが召し上がれますので、たくさん作っておくと便利っです。
冷めるまで蓋はせず、冷蔵庫には入れず常温で保存します。

二度取りのアイスティーの作り方

二度取りのアイスティーの作り方

■紅茶用のポットのほかに氷をいれた容器と保存用の容器の3つを用意しておく
■ティースプーン4杯の茶葉を温めておいたポットに入れる
■300ccの熱湯を勢いよく注ぎ3分蒸らす
■時間が来たらマドラーでさっと一混ぜし、氷を入れた容器に一気に注ぎ入れる
■氷を濾して保存用の容器に移し替える
※15時間~18時間の保存が可能。冷蔵庫には入れず常温で保存します。

ハーブティーの入れ方

  ハーブティーの入れ方説明写真

■ポット、カップ、茶漉しは温めておく
■新鮮な水道水を使用し、よく沸騰させておく
■ティースプーン小山2杯の茶葉をポットに入れ、熱湯を注ぎ5分以上蒸らす
■マドラーでさっと一混ぜし茶漉しで濾してカップに注ぐ
※お好みでハチミツを入れてお召し上がりください。