トップ> 紅茶の色々 : 紅茶の美味しい入れ方

紅茶の美味しい入れ方

紅茶を美味しく入れる準備

やかんに水を勢いよく注ぎ、酸素が多量に混じった状態で沸かしてください。
紅茶は必ず新鮮な水を使った沸かしたての熱湯で入れます。やかんの中で霧のような細かい気泡が一杯に立ち、大き目の泡が5~6個上がり始めたら、火を止めます。
沸かしたての湯とはこの状態のことです。

ストレートティーの入れ方

ストレートティーの入れ方

■ポット、カップ、茶漉しは熱湯を注ぎよく温めておいてください
■ティースプーン2杯(1杯約2.5g)の茶葉を温めておいたポットに入れ、沸かしたての熱湯300ccを勢いよく注ぎ3分間蒸らします。
■時間がきたらマドラーでさっと一混ぜし、茶濾しで濾しながら均一にカップに注ぎ分けます。
※細かい茶葉の時は気持ち少なめに入れてください。
※ダージリンのように大きな茶葉は4~5分じっくり蒸らしてください。

いっぺんに沢山の紅茶を入れたいときは一人分ティースプーン1杯(2~2.5g)熱湯150ccを目安に調節してください。

 

ミルクティーの入れ方

ミルクティーの入れ方

■ポット、カップ、茶漉しはあらかじめ温めておいてください
■ミルクを常温に戻しておく(出来れば温めないこと)
■ティースプーン3、4杯(1杯約2~2.5g)の茶葉を温めておいたポットにいれ、300ccの熱湯を勢いよくそそぎ3分間蒸らします  ※ティーコージー又は布巾などをかぶせて保温に工夫も
■よく温めておいたカップにミルクを先に入れておきましょう
■時間がきたらマドラーでさっと一混ぜし、茶漉しで濾してカップに均一に注ぎ分けてください
※大きい茶葉は4杯、細かい茶葉は3杯弱を目安としてください。
※濃い目のミルクティー用の抽出液になります。たっぷりのミルクでお召し上がり下さい。

チャイの入れ方

チャイの入れ方

 マユール特製 本場インドの濃厚なチャイが手軽にお試しいただけます(レシピは1人分の分量です)

■小鍋にティースプーン2杯の茶葉(アッサムCTC)と、ティースプーン1杯のグラニュー糖を入れ、お湯をひたる位(1センチ位)いれます
■火にかけ、茶葉がよく開くよう一度沸騰させます。沸騰したら牛乳をカップ1杯分注ぎます。
■鍋底が焦げないようによくかき混ぜながら再度沸騰させます。
■沸騰したら吹きこぼれない程度の弱火にして、かき混ぜながらグツグツと煮込みます(2~4分)
■紅茶の良い色が出たら茶漉しで濾しながらカップに注いでください
※最初に入れた湯の分は蒸発してしまうので、出来上がりはちょうどカップ一杯分になります。甘さはお好みで調節してください。
※ティースプーン2杯で約150~180ccの出来上がりです。カップの大きさによって茶葉の調節をしてください。

お好みで砕いたシナモン(3cm)や、潰したカルダモン(3粒)などを一緒に煮出しても美味しいシナモンチャイやカルダモンチャイが出来上がります。
みじん切りの生姜を大匙1杯一緒に煮出すとジンジャーチャイが出来上がります。
またアッサムCTC1杯、キャラメルティー1杯でキャラメルミルクティー。
他にもアッサムCTCと合わせて、バナナやマロンクリームティーなどの、ミルクに合うフレーバーティーと組み合わせる事によって、美味しいフレーバーチャイが手軽にお楽しみいただけます。

アイスティーの入れ方

アイスティーの入れ方

■紅茶用のポットと保存用のポットを用意する
■ティースプーン5杯の茶葉を温めておいたポットにいれ1000ccの熱湯を勢いよく注ぎ3分蒸らす
■時間がきたらマドラーでさっとひと混ぜし、茶漉しで濾しながら保存用のポットへ移す
■そのまま常温で放置し、冷めたら氷をたっぷり入れたグラスに注ぐ
※15~18時間程度は濁らず美味しいアイスティーが召し上がれますので、たくさん作っておくと便利っです。
冷めるまで蓋はせず、冷蔵庫には入れず常温で保存します。

二度取りのアイスティーの作り方

二度取りのアイスティーの作り方

■紅茶用のポットのほかに氷をいれた容器と保存用の容器の3つを用意しておく
■ティースプーン4杯の茶葉を温めておいたポットに入れる
■300ccの熱湯を勢いよく注ぎ3分蒸らす
■時間が来たらマドラーでさっと一混ぜし、氷を入れた容器に一気に注ぎ入れる
■氷を濾して保存用の容器に移し替える
※15時間~18時間の保存が可能。冷蔵庫には入れず常温で保存します。

ハーブティーの入れ方

  ハーブティーの入れ方説明写真

■ポット、カップ、茶漉しは温めておく
■新鮮な水道水を使用し、よく沸騰させておく
■ティースプーン小山2杯の茶葉をポットに入れ、熱湯を注ぎ5分以上蒸らす
■マドラーでさっと一混ぜし茶漉しで濾してカップに注ぐ
※お好みでハチミツを入れてお召し上がりください。