トップ> お店の紹介 : 宮崎台店店主のご挨拶

宮崎台店店主のご挨拶

宮崎台店店主のご挨拶

100913_163058%EF%BC%91.jpg

こんにちは。ティーハウスマユール宮崎台店 畠山佳奈絵です。

1997 年神奈川県川崎市。

小田急線新百合ヶ丘駅前オーパビルにテナントとして紅茶とスウェーデンのお菓子(キャンディー・グミ・チョコ・紅茶)を扱うお店キャンディーバーをフランチャイズでオープン致しました。

2002年フランチャイズの親会社が倒産。

お菓子や紅茶の仕入れが出来ず困っているときに同業者の方に、五反田のマユールを紹介してもらい、お付き合いが始まりました。

2004年10月。

7年目、オーパテナントの契約更新を機に、夢だったカフェを始める事に。その際マユールの社長のご好意でマユールの看板も使わせていただき、紅茶専門店を始めさせていただきました。

ここ宮崎台は都心に近いわりには緑が多く子どもを育てるにはとても良い環境です。若い世代の方々が多く住まわれている為、近所のママさんたちやお勤めの方にたくさん通っていただいてます。

2011年10月でオープンしてから8年目に入りました。あっという間に過ぎた日々ですが、宮崎台の紅茶屋さんとして大分なじんで来れたのではと思います。これからもたくさんの方々に美味しい紅茶をご提供して行きたいなと思ってます。

私生活では主人と子どもが3人。みな結婚し、町田市にある自宅で長男夫婦とお孫君2人と賑やかに生活しています。

結婚して家庭に入り、いちばん最初に自分で買ったものが安い電気オーブン。

ケーキやパンを焼いていた日々の延長の手作りケーキの数々、特に資格も何もありませんが、好きな事を続けていける幸せを感謝しつつ皆様に喜んでもらえるよう日々努力していきたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いいたします。